HOME>アーカイブ>たんぱく質や塩分を抑えた、栄養バランスの良い献立です
宅配物

管理栄養士が献立を考えています

腎臓は体内の老廃物を、尿として排泄するための大切な臓器ですが、40代、50代ぐらいの年齢になると、腎臓病に罹る人が増加しています。腎臓病は慢性の疾患なので、症状を悪化させないためには、毎日の食事は大変重要です。たんぱく質や塩分、カリウムなどの摂取を抑える必要がありますが、毎日療養食を作るのは大変だと感じている人が多いです。料理が苦手な人は、似たような献立になってしまうので、飽きてしまうこともあります。宅配の専門店では、魚や肉、新鮮な野菜、海藻類を使った豊富な献立が揃っています。だしや香辛料を使って味付けをしているので、しっかりと味が付いているのに、塩分が控えめなので安心です。宅配の腎臓病食は、管理栄養士がカロリー計算や栄養バランスを考えているので、安心して利用することが出来ます。病院食のような味気ない献立ではありません。

旬の食材を使った美味しい料理です

腎臓病で入院を経験した人は、病院の腎臓病食は薄味で味気ないと感じている人が多いです。病気療養のためには、たんぱく質や塩分を抑える必要がありますが、美味しい料理を食べたい人がほとんどです。宅配の専門店の腎臓病食は、バリエーション豊富なメニューが揃っているので、飽きずに食べることが出来ます。旬の食材を使った、栄養バランスの良い献立が魅力です。インターネットのWEB上や、電話などで申し込んでおくと、希望の日時に配達をしてくれます。腎臓病食は冷凍保存が出来るので、食べたい時に電子レンジで加熱をするだけです。現代は両親と離れて生活をしている人が増えているので、病気の親が心配な人が多いです。離れて生活をしている親に、宅配の腎臓病食を届けてもらうことが出来ます。

広告募集中